TOPにもどる

 神戸生活創造センターについて   神戸生活創造センターに関するお問い合わせ・・・078-360-8530

 兵庫県立神戸生活創造センターは県民のみなさんの生活創造活動を支援する総合拠点施設です。      
       
◆設置の目的(兵庫県立生活創造センターの設置及び管理に関する条例)
第1条 芸術文化、環境、消費生活、健康、福祉等の様々な分野にわたる生涯学習、地域づくり活動その他の活動であって、
豊かな生活を創造するための県民による主体的な活動(以下「生活創造活動」という。)の拠点施設として、
兵庫県立生活創造センター(以下「生活創造センター」という。)を置く。

 
◆生活創造とは
大量生産、大量消費の時代は終わり、経済効率よりも生活の質を重視する成熟社会に、私たちは足を踏み入れています。
学んだことを生かし、自分を高め、くらしを高め、社会参加活動を展開することを通じて、さらに新しい学び、活動につながる。
このようにして、一人ひとりが自らの生活の中で、成熟社会にふさわしいライフスタイルを創造していこうとする取り組みを、
兵庫県では「生活創造活動」と呼び、支援しています。
 
◆沿革
昭和40年11月1日
(1965年)
  兵庫県立生活科学センターの設置及び管理に関する条例(昭和40年兵庫県条例第48号)により、
神戸交通センタービル4階(神戸市生田区三宮町1丁目1番地)に設置。
昭和53年4月1日
(1978年)
  兵庫県立生活科学研究所の設置に伴う兵庫県立生活科学センターの設置及び管理に関する条例の一部改正により、
センター業務のうち、試験及び研究に関する業務を削除。
平成5年10月12日
(1993年)
  兵庫県立生活科学センターの設置及び管理に関する条例の一部改正により、センターの位置を
神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号に改める。
平成12年4月1日
(2000年)
  兵庫県立神戸生活創造センターの設置及び管理に関する条例(平成12年兵庫県条例第16号)により、
神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号に設置。兵庫県立神戸生活科学センターを廃止。
平成16年4月1日
(2006年)
  行政組織規則の一部改正により、神戸生活創造センターを神戸県民局(現・神戸県民センター)の内部組織とする。
平成20年4月1日
(2008年)
  行政組織規則の一部改正により、生活科学部を生活科学総合センターに移設。
平成21年4月1日
(2009年)
  指定管理者制度の導入により、大阪ガスビジネスクリエイト株式会社が運営を開始。
(受託期間:第一期 平成21年度〜平成23年度。第二期 平成24年度〜平成26年度)
 
 兵庫県立神戸生活創造センター
Copyright(C)2016 Hyogo Prefectural Kobe Life Enhancement Center. All Rights Reserved.